ドラマ「光のお父さん」の撮影をお手伝いした方にお話を聞いた

様々な情報が公開されて、いよいよ放送が近づいてきたなぁという感じがしてきたドラマ「光のお父さん」。
FF14のプレイヤーのブログ連載が原作で、実写パートだけでなくすべてをゲーム内で撮影した「エオルゼアパート」もある、いろいろな意味で唯一無二の存在になりつつあるこのTVドラマ。
あまり「めがねや!」では話題にすることはありませんでしたが、個人的にはとても期待をしています。




オープニングムービーを含め、様々な情報が発表された日の深夜。
自鯖での日課であるメンタールーレットを終えてログアウトし、そろそろ寝ようかと思った時、Twitterのタイムラインにこんなツイートが流れてきました。





ほうほう。感想とな。
どんなことが聞きたいんだろう、と思いつつ、ツイートを辿っていると、ちょうどログインしたタイミングの模様。
パンデモサーバーの人に聞きたいのかなぁ、そうするとお邪魔するのは無粋かなぁ、と一瞬だけ思いましたが、こういうときにはやはり行くしかないでしょう、と再度ログインし直してみなとさんのところへ向かったのでした。



ってあれ誰もいねぇ! 深夜だからか!?
って、もしかしてTellとかで対応してて忙しいのかなーと思って様子をうかがっていると、お辞儀を頂いたのでご挨拶してお話をはじめました。

…その数十分後。



何故か私が囲まれている事態に!?

みなとさんのフレンドさんや、パンデモサーバーの知り合いであり、いつも楽しいイベントをやっているエミさんアキノさん、海外でパワフルに活動するカル猫さんなど、気がつけばいろんな方が集まっていました。

とりあえず、みなとさんへはドラマへの期待を語りつつ、ネタバレにならない程度に少しだけ質問をしてみました。

Q.どんなことをされていたんですか?

A.いわゆるADレベルですが、監督がカメラの構図を決めている時に、モブを片付けたり天気を見てきたりしていました。サブキャラなので分かりにくいですが、実はしれっと(エオルゼアパートに)写ってたりもしますw

Q.大変だったことは?

A.やはりお天気が大きいですね。エオルゼアのお天気はかなり細かく作られているので、「快晴の朝日」を狙いたくても「晴れの朝日」だったりするんですよ。そうすると1日待ちになったりしましたね。
あとは、欲しいシーンにキャストさんがいなかったりとか。皆さん普通に生活されている方なので、ログイン時間が合わなかったりして後がきつくなったりしましたw 予定表はありましたが、予定通りに進まないことが多かったです。
でもその分、納得のいく出来になってます。ヒカセンの皆様から見たら、フフッてなるようなことも盛り込んでますw

Q.レイドの撮影は専門の方がいたのでしょうか?

A.いえ、レイドも監督や私(みなとさん)、ぴぃさんも入って撮りました。撮る時だけ監督は動きを止めて皆さんの勇姿を撮ってます。監督自ら入り、撮って、死んで…w もはや戦場カメラマンでした。

Q.TV放送以外に、ネットで配信されたりしないのでしょうか?

A.打診中だそうです。

-------

実際いきなり突撃した感じだったので、みなさんが聞きたいところまで聞けた感じはしませんが、お聞きしたことにはしっかりと答えていただきました。
その答えからは撮影への真摯な体制と完成した者への自信が伺え、お話してよかったと感じることが出来ました。(平日でなければもっとお話していたかった!)
みなとさん、ありがとうございました!




リーディンググラスが知的!

<参考資料、動画>

ドラマ「光のお父さん」制作発表会(ファイナルファンタジーXIV公式ブログ)

ドラマ「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」制作発表記者会見をレポート。現実とエオルゼアがシームレスにつながる映像に注目だ (4Gamer)



光のお父さん公式サイト

光のお父さん まとめ読み | 一撃確殺SS日記

0 件のコメント :

コメントを投稿